成猫用キャットフード

猫の成長も落ち着き、一定の体重・体格が維持できるようになったら成猫用のフードを与えます。
この時期になると飼い主さんも猫との暮らしに慣れ、猫の食事時間や食事の癖、体質なども把握できるようになってきていると思います。

家を留守にすることがが多い、またはむら食いが多いのなら、傷みにくいドライフードの中からより猫の体質・食の嗜好に合ったものを選びましょう。
また、常にフードを与えたり片付けられる環境にある場合なら、食いつき方のいいウェットフードの中から選ぶなど、飼い主さんの生活スタイルと猫の体質・癖の両方を視野に入れ、より猫に合ったフードを選ぶのがお勧めです。

また成猫用フードの中には、動物病院の指示の下に与える療法食や猫種別に作られたフードなどもあります。
成猫用フードはバラエティに富んでいるため選ぶのが大変ですが、猫との相性を確かめながらよりよいものを選んでいきましょう。

市販されている成猫フードで人気の高い商品には、以下のようなものがあります。

食べきりサイズのフード

食べきりサイズのフードはウェットフードが中心ですが、大袋入りが多いドライフードでも一食分ずつを小分けにしてあるものがあります。
一食分ずつ包装されているフードなら、箱を開封しても日持ちがするため、なるべく傷みの少ない状態でフードを与えたい飼い主さんにお勧めです。

美食家の猫向けフード

カリカリした食感が好きでドライフードしか食べない猫もいれば、ウェットでないとフードを食べないなど、美食家が多いのが猫です。
そんな美食家の猫の食いつきを重視し、原材料やフードの香りにこだわって作られているのが美食家の猫向けフードです。
タンパク質源である食材を豊富に含んでいるもの、多種多様なフレーバーが用意されているもの、ヒューマングレードの食材を使用したものなどがあります。

またドライフードやウェットフードの食感は粒やフレークの大きさによっても変わります。
お気に入りのメーカーがあり食いつき方以外に不満がない場合は、フードの粒や形が違うもので同じ商品がないかを探してみるのもお勧めです。

突然いつものフードを食べなくなった時のために、メインで使うフード以外で食いつきのよいフードを探しておきましょう。

穀物不使用のグレインフリーフード

魚や肉類などたんぱく質源となる食材をメインに使い、穀類を使わないで仕上げているのがグレインフリーのフードです。
穀物アレルギーの心配がある猫や、肉食動物である猫の生態に合ったフードを与えたいと考えている飼い主さんに人気のある成猫フードです。

オーガニック・ナチュラル志向のフード

より安心できるフードをお探しの飼い主さんに人気があるのが、添加物を最小限(もしくは無使用)に抑え、使う食材も加工したものを使わず、すべて天然素材そのままを使用してあるオーガニック・ナチュラル志向のフードです。
また食材はヒューマングレードのものを使用しているものをよく見かけます。
品質の高い食材を使用しているため価格は高めですが、より安心できるフードを与えたいと考えている飼い主さんに人気があります。

トッピング用フード

ドライフードを主食にしている場合、必要になるのがトッピング用のウェットフードです。
水分補給用として、また猫の食いつきをあげるためのフードとして人気があります。
缶詰なら未開封で約3年ほど保管できるため、主食だけでは水分・栄養補給が心配な時に、また突然猫がフードを食べなくなった時のために常備しておきましょう。

成猫用のフードは容量・価格・内容いずれもバラエティ豊富に取り揃えられており、何を選べばいいのかわからなくなることも多くあります。
まずはじっくり猫を観察し、同時に自分の生活スタイルを見直してみて、一番適しているフードは何かを考えてみるところから始めてみましょう!
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る